ホーム >>スーパーコピー時計新生RJ第1弾は四方にラバー製バンパーを装備した将来の定番
スーパーコピー時計新生RJ第1弾は四方にラバー製バンパーを装備した将来の定番

スーパーコピー時計RJ「アローマリン 45MM」Ref.1M45C.OOOR.1518.RB 405万9000円/自動巻き(Cal.RJ2040)。毎時2万8800振動。約42時間パワーリザーブ。作動カム&振動ピニオン搭載。18KRGケース。ラバーストラップ。直径45㎜。10気圧防水。問:オールージュ Tel.03-6452-8802


アポロ11号やタイタニック号のパーツなど独創的な素材とコンセプトで現代アートのような価値を生み出してきたロマン・ジェロームが、2018年から「RJ」へと改名し再始動。ウブロの要職を務めたマルコ・テデスキ新CEOの打ち出した新たな定番がアローマリンだった。船舶をモチーフにした柔らかなフォルムに、ブランド名まで変えた熱い思いと強烈な個性が宿っている。



前ページ: ブランドコピー時計の美学を変革した調和の取れた文字盤とムーブメントの凝縮感
次ページ: 将来どのように携帯電話が開発されても時計のステータスを揺るがすことはありません