ホーム >>人気のオメガコピー時計の販売が提供するアンティークウォッチ市場への新たな起爆剤
人気のオメガコピー時計の販売が提供するアンティークウォッチ市場への新たな起爆剤
「2019N品」オメガコピー時計、オメガ時計おすすめ「不良品100%交換」WatchStore999店

この制度では、スイス本社のヘリテージチームによってオーセンシティ認定の可否を判断する。そのため、時計を直接スイス本社へ送付するか、あるいは各国のブティック経由でスイス本社へ送付する必要がある。残念ながら、現時点では日本国内のブティックはサービスに対応していないが、対応可能なブティックを順次増やす予定とのことなので、今後に期待したい。


既に同社は、多くの他ブランドと同様に、「アーカイブ参照サービス」を提供している。これは、同社が所有する製造・販売データを基に、アーカイブを発行するものであり、特にアンティークウォッチ市場では、その時計の真贋を裏付ける手掛かりとして重視されている。


「オーセンシティ(信頼性)認定制度」との大きな違いは、現物の時計を専門家の目で直接見るか否かだ。「アーカイブ参照サービス」では、時計オーナーが自ら個体番号や時計の写真等を専用フォーマットに記入・添付し、申請する。製造年等の調査であれば「アーカイブ参照サービス」で十分であるが、時計内部の状態も含めたより詳細な情報を得るためには「オーセンシティ(信頼性)認定制度」の方が有効であることは間違いない。


今回の制度導入によって、同社のアンティークウォッチ市場はより盛り上がることとなるだろう。オメガはすでにアンティークウォッチを対象とした「修復サービス」も行っており、旧来からの時計オーナーとブランドの歴史を大事にしていこうという姿勢を改めて感じることができた。今後の動きにも注目していきたい。



前ページ: ヴァシュロン・コンスタンタンの時計修理は公式ウェブサイトにアクセスできます
次ページ: 日本人ゴルファーの今平周吾選手が、オメガコピー時計ファミリーに新たに加わった