ホーム >>ソ連海軍の腕時計が超希少クロノグラフムーブメント搭載で華麗に復活
ソ連海軍の腕時計が超希少クロノグラフムーブメント搭載で華麗に復活

モスクワ第一時計工場の流れを汲み、 ソ連邦の士官が使うための腕時計を開発していた「STURMANSKIE(シュトゥルマンスキー)」。

1974年、クロノグラフの開発に着手。新しいメカニズムを構築し、ブランドコピー時計を動かす心臓である3133ムーブメントを完成させました。

1976年、海軍士官向けに3133クロノグラフムーブメントを搭載したモデルの生産を開始。テレメーター(光と音で距離を測る機能)を備えた腕時計は「OKEAN(露:オケアン 英:オーシャン)」と名付けられ、ソ連海軍を支えた伝説的なモデルとなりました。しかしながら、ソ連時代に製造が中止となり、「OKEAN(露:オケアン 英:オーシャン)」は姿を消すことに…。

実物は名実ともにプレミア化され、入手困難な腕時計となりましたが、

今年、3133クロノグラフムーブメントが発見されたとこにより人気が衰えない「OKEAN(オーシャン)」を復刻することに。オリジナルを忠実に再現したレプリカとして、2019年12月中旬に発売を開始します。



前ページ: JR博多シティ アミュプラザ博多、小田急百貨店町田にてPOP-UP FAIRを開催
次ページ: 「バナナ・ウォッチ」の2018年の新作は、ホワイト&ネイビー