ホーム >>日本の装飾技術とスイスの時計産業の交差点
日本の装飾技術とスイスの時計産業の交差点

近年、日本の装飾技術は静かにスイスの時計製造業界に浸透しており、この起源は共通の価値、特に細部と描写への注意に基づいています。 木目調の金属、赤い絵、漆芸、蒔絵など。 日本の装飾芸術の多くは、結局死んでしまい、死ぬのを待つことしかできませんでしたが、今では暗闇の中にあり、スイスの時計製造業界に新しい窓を開いています。 彫刻、エナメル加工、宝石のセッティングなどの伝統的な工芸品は別として、多くのスイスの時計ブランドはすでに日本の熟練した職人に敬意を表しています。 彼らはそれらの古代の技能の最後の守護者であり、日本人からも「国宝」と見なされています。 一見偶然の出会いは確かに確固たる基盤を持ち、細部にほとんど偏執狂的な焦点を当てることで、コミュニケーションとコラボレーションの架け橋を築きます。 最新の例はハリー・ウィンストンによるもので、プレミアシリーズのプレシャスウィービング36 mm自動巻き時計は日本の製織技術を採用しており、金糸と天然銀のマザーオブパールフレークが重なり合っています。 商業的な成功に加えて、スイスの時計職人は日本の職人の骨の折れる伝統に2番目の自己を見出したようです。



前ページ: 謎のベールを取り除き、絵画に隠されたゴッホを見てください
次ページ: パテックフィリップノーチラスフェードアイコン