ホーム >>購入提案
2019人気コピー腕時計、スイス腕時計スケルトン腕時計(歯車の見える腕時計)の歯車が動く仕組みとは?

ロレックスDaytona Ref.6263 Asian 7750搭載! (JK工場)

2019人気のコピー時計の販売、コピーN品おすすめ、品質保証、不良品を100%交換して、三日間でお届けします。

スケルトン腕時計の多くは機械式です。ゼンマイを利用して針を動かします。機械式の腕時計は、動かすために必ずゼンマイを巻かなければいけません。ケースの右横にあるリューズで巻くのが基本です。


巻かれたゼンマイはゆっくりと解かれて、元のまっすぐな形に戻ろうとします。このとき発生する力が歯車に伝わって腕時計が動くのです。一般的にゼンマイは「香箱車」という歯車の形をした部品に収められており、それ自体が回転して次の歯車へ動力を伝えます。


以降、2番車→3番車→4番車の順で動力が伝わります。2番車は分針を直接動かし、間接的に時針も動かす歯車です。3番車は2番車と4番車の仲介役であり、4番車が秒針を動かします。


これらは滑らかに動くよう設計されているため、そのままでは瞬く間にゼンマイがほどけて、時計の役割を果たしません。そこで4番車の次に「ガンキ(雁木)車」という部品を接続して、動力が1秒ずつ消費されるよう速さを調整します。


ガンキ車には、ヒゲゼンマイ→テンプ→アンクルの順番で動力が伝わる仕組みです。名前だけではどのような役割を果たすのか分かりづらいですが、英語に訳すとイメージしやすいでしょう。


ガンキ車は「Escape Wheel」ですから、ゼンマイの動力を逃がす歯車となります。同様にヒゲゼンマイは「Balance Spring」で速さを調節するためのバネ、テンプは「Balance」で速さの調節、アンクルは「Pallet Lever」で爪のついたレバーです。


例えば柱時計は振り子の動きによって、ゼンマイがほどける速さを調節しています。腕時計で同じ役目を果たすのがテンプと、その内部にあるヒゲゼンマイです。元となるゼンマイの力を受けてテンプが動き出すと、ヒゲゼンマイが収縮して規則正しい往復回転に変換します。


テンプの上には「振り石」という突起があり、テンプの回転と同時にアンクルを押して左右に動かします。アンクルの先端には2本の爪がついており、必ずどちらかがガンキ車に引っかかるため、以降の歯車も動きが制御されるというわけです。これらの働きによって、腕時計は1秒ずつゼンマイがほどかれ、正しく時を刻めます。


機械式のスケルトン腕時計では、テンプの回転や左右に動くアンクル、ガンキ車や香箱車などの回転を見られます。仕組みを知ってから見ると、その精密さに驚かされるでしょう。



前ページ: ブライトリングスーパーコピー時計おすすめBREITLING スカイレーサー・レイブン・グリーンベゼル
次ページ: ブランドコピー時計「不良品100%交換」スケルトン腕時計はその動力源によって、いくつかの種類があります