ホーム >>購入提案
ブランドコピー時計「不良品100%交換」スケルトン腕時計はその動力源によって、いくつかの種類があります

まずは機械式のスケルトンです。機械式の中でも自動でゼンマイを巻き上げてくれる「自動巻き」機能が付いているものは、先述の部品に加えて「ローター」と呼ばれる振り子が付いています。腕の動きなどで遠心力が発生すると、回転してゼンマイが巻かれる仕組みです。うっかりリューズでゼンマイを巻くのを忘れても、身につけていれば動き続けます。


ただし、ローターは腕時計の下部に配置されているため、表面がスケルトンになっているだけでは、その存在を確認するのが困難です。そこで裏蓋がスケルトンになっている「シースルーバック」(裏スケ)という腕時計があります。


シースルーバックにすると、表と違って文字盤が無いため、他の部品も(裏側からですが)見やすいのが長所です。一方で耐久性や気密性が低下する恐れがあるため、採用しないブランドもあります。


そして、クォーツ式のスケルトンです。クォーツ式とは「水晶振動子」の振動を動力とする腕時計です。ボタン電池で電流を流すと、規則的な振動が発生し、これをICチップが1秒単位の動力に変換して歯車を動かします。


このような仕組みのため、機械式にあったゼンマイ(香箱車)やガンキ車、アンクル、テンプ(ヒゲゼンマイ)はありません。スケルトンにしても大部分はカバーで覆われているため、せいぜい歯車が見えるくらいです。


機械式に比べると腕時計の面白味に欠けるのが短所ですが、クォーツ式にはそれを上回る長所がたくさんあります。時刻の狂いが少なく、こまめにゼンマイを巻く手間もありません。腕時計の小型化や軽量化にも貢献しています。メンテナンスは電池の交換くらいです。機械式のように定期的なオーバーホールをしなくても長持ちします。


スケルトンの腕時計は、そうでない同等の腕時計に比べると割高です。クォーツ式であれば安価で購入できますが、機械式となると多くは50万円以上で、1,000万円を超えるモデルもあるなど、簡単に手を出せるものではありません。



前ページ: 2019人気コピー腕時計、スイス腕時計スケルトン腕時計(歯車の見える腕時計)の歯車が動く仕組みとは?
次ページ: 人气時計おすすめパネライスーパーコピー サブマーシブル pam285 ハイエンドモデル! -「不良品100%交換」